Q:

ボルトの種類、特徴、用途
A: 各ボルトの種類は次の通りです。特徴・用途

 座金組込六角ボルト

a03-03-44.JPG (10881 バイト) 電機部品、建築や自動車に使用されている。
ネジ本体に座金を組み込んだもので、頭の形状が六角のもの。        

 六角ボルト

a03-03-45.JPG (10217 バイト) 頭部の形状が丈夫でスパナなどで締め付けるボルト。
太さが比較的太いものをいう。                          

 全ネジ六角ボルト

a03-03-46.JPG (8783 バイト)

頭部が六角頭で、ネジ山が首下まで切れているボルトのことをいう。          

 六角穴付ボルト

a03-03-47.JPG (11359 バイト) 頭に六角レンチ用の穴があいているボルト。機械を止める時に多くもちいる。

 基礎ボルト(アンカーボルト)

a03-03-48.JPG (6431 バイト) 機械構造物を据え付ける時、機械構造物を土台に締め付けるボルト。
鉄鋼建築物、木造建築物の土台締め付けにも使用する。            

 チョウボルト

a03-03-49.JPG (6592 バイト) 頭の部分に羽根をもったボルト。手で締められる。
家具(イス)などに使用。                             

 アイボルト

a03-03-50.JPG (9415 バイト) 頭に丸い穴があるか、または頭部をリング状に曲げたボルト。               

 ノブボルト

a03-03-51.JPG (18007 バイト) 頭がノブの形をしているので家具や機械に使用される。                               

 長ネジボルト

a03-03-53.JPG (8972 バイト)

主に建築に使用される。頭がなく、全体がネジになっている。使用直前まで長さが決まらない箇所や、頭部があっては都合が悪い場所に使用する。また、両側ナットでも支障のない場所に使用する。

 ハンガーボルト

a03-03-52.JPG (10687 バイト) 木箱のふたをナット1個で取り外し、また、締め付けができる。取り外しを行うコタツなどに使用する。
組み立て、分解作業が簡便で自由にできる。

前のページへ

先頭のページへ